出会う達人!セフレと出会うならば

セフレの存在を親にばれないようにするためのコツ

セフレと出会うなら

これは私が初めて彼を作りなおかつ初めて朝帰りをしてしまった時のことです。

 

私はわりと恋愛には奥手な方で(もしくはもてず)初めて彼ができたのは19の時でした。

 

しかも12歳年上で離婚歴もあるというちょっと親には説明しにくい人でした。
ので、内緒でこそこそとお付き合いをしていたのですが、ある日いよいよとうとうこれかもという日が来ました。その日は成人式で成人式後の飲み会の後、彼は待っていると言いました。飲み会後ですので、当然時間はもう終電を過ぎています。

 

そして朝帰りとなったのですが、普通泊まりの日は電話を入れるのですが、その日は何となくバツが悪く、おまけに成人式後だし何とかごまかせるだろうと思って自宅に連絡を入れませんでした。

 

朝、帰宅後、父にどうしたかと聞かれ、「友達とカラオケ」というとすんなり通りました。

 

ところが母はそういう訳には行きません。いきなりすごい勢いで部屋に入ってきて、「あんた、カラオケなんて嘘でしょ!男の人といたんでしょ!」と
迫ってきたので思わず「はい」と答えてしまいました。

 

居間に呼び出され、二人は真剣な顔で、しかも父が「Hはしたのか?」と聞いてきました。
面と向かって、父親が娘にする質問だろうか…しかも、男の人と一緒だったことはばれていて、「NO」と言って通用するのだろうか…と頭をぐるぐる回ったでた結論は「Yes」と認める
ことでした。二番目の質問は「コンドームは使ったのか?」それには「No」と言ってしまいました。

 

友達に「あんたは完全に答えを間違っている」と言われました。そして得た教訓は母親の勘をなめてはいけないということでした。

 

エッチ好きな相手を探す。

 

ドキドキの関係を続けていくコツ

私は他人に自慢できるほどイケメンでもないし、お笑い芸人になれるほどのトーク力もありませんが、なんとなく、恋人関係を長く続かせるコツのようなものを見つけたので紹介します。

 

それは2つ。「等身大」と「ちょっとした非日常感」です。

 

 等身大という言葉はラブソングで耳タコかもしれませんが、こんなに重要なコツはないかと思います。
合コンに行くと、女の子は化粧バッチリで、かわいいフリフリの服を着ており、男は髪の毛をきっちり固めて、いい服を着てくるイメージですが、ずっと付き合っていく中で、そんな100%カッコをつけた自分が維持できるはずがないです。だから、多少ダサくても、無理せず付き合える方を探すべきだと思います(私はそうしてます。)

 

 ですが、等身大だけだと足りません。恋の物語には常にドキドキが求められるように、あまりに等身大すぎると、非日常なもののはずの恋愛が日常になり、ドキドキから遠ざかってしまいます。だからこそちょっとした非日常が2つめに必要なのです。

 

たとえばいつもデートでラーメン屋に行くカップルがたまには気を効かせてイタリアンのお店などに行くのも1つのドキドキだと思います。毎日だと飽きてしまうものも、たまに行くと新鮮さがあるものです。

 

 

 

彼氏がくれた、心のこもったプレゼント…?

社会人になったばかりのころ、付き合っていた彼氏。素朴で優しく感動やさんの彼を、とても素敵だとおもってお付き合いしていました。

 

付き合い始めてから初めて迎えたバレンタインの日、私はチョコレートとプレゼント選びに悩みまくりました。
手作りもいいかな?でもそういうのに抵抗はないだろうか?買うとしたらどこのがいいかな。見た目が豪華絢爛なものよりもナチュラルでほっこりできるものがいいのかな…?
それにそれに添えるプレゼントも選ぼう。マフラーがいいかな?それとも朝の弱い彼だから、目覚まし時計がいいかな?さりげないペアのグッズとか?

 

3日3晩ぐるぐると考えあぐね、結局ちょっと高級で美味しさに定評のあるチョコレートと、ベーシックでモノのいいマフラーを選びました。
堅実な彼にはピッタリだとおもいました。

 

2月14日当日、彼はプレゼントとチョコをとても喜んでくれて、僕のために選んでくれたんだ、嬉しいよありがとう…と瞳をうるませていました。
私も、そのプレゼントをどういう気持で選んだかを見てくれた彼に感激して、もうその日はラブラブに過ごしました。

 

そして、3月14日。
特にお返しを期待しているというわけではありませんでしたが、…いえ、ちょっとは期待していました。いつもよりソワソワと彼との待ち合わせ場所に急ぐと、会うなり彼から封筒を手渡されました。
これは家に帰ってからあけてね、と彼がいうので、ひとまずカバンにしまいデートを楽しみました。

 

そして帰宅後。なんだろうと封筒を開けると、DVD-Rが一枚。そこに殴り書いたような汚…ゴホンゴホン、味わい深い字で「○○タンへ!」と私への宛名が。
おそるおそるPCで再生してみると…

 

「おはよう、○○タン!今日は2月1日!今日から2週間、○○タンへの愛のメッセージを動画で残すことにしました。僕にはあんまりお金もないし、お金をかけたプレゼントよりも、こっちのほうが愛情を感じると思って。」
「おはよう、○○タン!今日は2月2日!今日は、ホラ!こんなにヒドい寝ぐせがついちゃった!うふふ。○○タンに髪の毛をとかしてほしいな〜ぁ」
「こんばんは。今日は2月3日!朝撮れなかったから、収録が夜になっちゃってゴメンネ!今日は、うどんをたべました!」
「2月4日だよ〜ん!じゃじゃーん!今日は○○タンは何をしているのかな…お風呂に入ってるのかな?キャッ! …

 

ポータルサイト
ヤフー掲示板